スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
マッハ!!!!!!!(!マークはお好きなだけ)
皆さんこんにちは。ブログ初体験の「マッハ!」宣伝プロデューサー、マッハ吉村!です。なにぶん、まだ不慣れなので、徐々に慣れて行こうと思っていますが・・・公開までもう2週間しかない!ということで初回は固めに、僕なりのマッハ!のご紹介です。宜しければ秀逸な出来の公式サイト http://www.mach-movie.jp をみてください!


【CG・ワイヤー・スタントマン全部なし!世界初の純度100%ムエタイ・アクション『マッハ!』が映画の概念を変える!】

映画には、これまでもいくつもの転換期があった。そしてそれは、振り返れば必然のごとく訪れるものであった。ロシア映画全盛期の過剰なモンタージュに飽き飽きしたカイエ・デュ・シネマ組が、カメラを持って街に飛び出した時のように。第2次世界大戦終結で大量に余ったニュース用の16mmカメラが、ハリウッドを猛進させたように。

今、新たに革命の時が来ようとしています。「ロード・オブ・ザ・リング」3作を合わせて計8回見た(まだ足りない)私は、「もう他に映画はいらないんじゃないか?」と思った時期がありました。しかし1本のタイ映画が、そんな私を救ってくれたのです。それが「マッハ!」です。スピルバーグに憧れるオタクの映画監督と、(元)タイ伝説のアクション俳優と、その人に
10歳で弟子入りした若きスターの3人は、CG表現が完成形に至った今、更にハリウッドがネタ切れでアジア映画のリメイク権を買い漁る今、まるで彗星のごとく現れ世界中に影響を与え始めています。
何故か。もちろん、ムエタイという非常に特徴的な武術をベースに、それをすべて生身でやる驚愕のアクションがある。しかしそれだけではない。鍵は、この監督が「スピルバーグに憧れている」ところにある。アクションの活かし方、ストーリーの流れ、つまり演出がパーフェクトなのだ。「仏像を取り戻す」ただそれだけの話なのに。CGに頼らず、映画製作の原始的なやり方で
いかに面白い映画を作るか、その考え方こそが「マッハ!」の成功の要因なんだと思います。


固いですね・・・だんだんやわらかくなっていきますので。
さて、巷で噂のこの映画、いよいよ7/17(土)から来日キャンペーンを行います!なんと総勢17人のタイ人が来日!! 怖・・・。こちらのレポートは随時お届けします。乞うご期待!!

(マッハ吉村!)
| ムエタイ | 13:35 | comments(15) | trackbacks(164)
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
ブログのレンタルサービス JUGEM